日本の税を支えるプロフェッショナル

>

税理士とはどんな職種なのでしょうか

税理士を雇う個人事業主や中小企業

税理士の仕事の一つに確定申告の作成や申請書を作成する「経理代行」があります。
個人事業主や中小企業が自力で経理業務を行うことは不可能ではありませんが、どうしても領収書など会計処理が溜まってしまうことがあります。
反対にその業務に追われ、本業が疎かになってしまうこともあります。
そんな時に税理士が経理代行することにより、企業側には本業に専念する時間を作り、専門的な知識で税のサポートで支えることが出来るわけです。
今では確定申告を作成出来る市販のソフトも流通していますが、知識のない人が使いこなすのは容易ではありません。
税理士は日本の税制に設けられている様々なメリットを活用して、企業を支える必要があります。

企業を支えるコンサルティング

税に関する相談を受けるのも税理士の大きな役目の一つです。
納税額の計算や節税についてのアドバイスをすることが出来るので、経営コンサルタントの仕事も担う場合があります。
どのように資産運用をするか、いかに会社にお金を残していくか、利益を高めるにはどのような対策が必要か、などを企業のパートナーとして提案していくわけです。
そのためには経済の知識、スキル、人脈も必要になってきます。
また、税務調査の際には顧客の権利を守るという仕事も加わります。
慣れない税務調査に不安を覚える人も少なくありません。
知識やスキルに加え、顧客の不安を安心に変え正しい方向に導くための人間としての力も必要です。
税理士を選ぶ際は、自分の会社に合っていて、困った時に信頼できる人を選ぶのが非常に重要です。